北の国から届いたブルーベリー

「北の国から届いたブルーベリー」の7種類のサポート成分

アントシアニンに7種類のサポート成分をプラス!

毎日、会社では、パソコンの前に座り長時間のディスクワーク、さらに、家に帰ってもスマホを使い続けるなど、1日中、目に負担をかけていると、目の奥に痛みや重みを感じたり、光がまぶしかったり、肩や首がこるなどの症状があらわれる眼精疲労に陥ってしまいます。

 

こうした眼精疲労を改善するには、まずは、目を休めて早めに疲れを解消することが大切です。

 

そして、マッサージやツボ押しも効果的ですが、目によいとされる栄養素をしっかりと摂取することも必要です。

 

やわたのブルーベリー・サプリ「北の国から届いたブルーベリー」は、アントシアニンを主成分に「βカロチン」「メグスリノキエキス」「カシスエキス「ルティン」「DHA」「EPA」「コエンザイムQ10」の7種類のサポート成分を贅沢に配合し、眼精疲労の改善や健康な体つくりのためにサポートしています。

 

 

 

アントシアニン

 

アントシアニンは、ツツジ科の多年生植物であるブルーベリーに含まれている成分で、目の網膜にあるロドプシンの再合成を促し、また、毛細血管を強化して目の血行をよくするなど、眼精疲労改善に有効です。

 

そんなアントシアニンですが、やわたのブルーベリー・サプリ「北の国から届いたブルーベリー」は、一般的なブルーベリーではなく、アントシアニン含有量3倍以上といわれる野生種のブルベリーから抽出しています。

 

ブルーベリーと同じ仲間のツツジ科のブルベリーは、北欧の自然の中で、一日中太陽が降り注ぎ、その太陽からの大量の紫外線から身を守るために、たっぷりとアントシアニンを蓄えています。

 

そのため、一般的なブルーベリーと比べると粒は小さいですが、色素成分のアントシアニンが豊富に含まれて、大変濃い紫色になっています。

 

 

 

βカロチン

 

 

βカロチンは、ニンジン、ホウレンソウ、モロヘイヤなどの野菜に含まれており、体内で必要な量だけビタミンAに変換されて働く成分です。

 

ビタミンAは、網膜や角膜の細胞を作ったり、光刺激反応に働いたり、角膜の透明度を維持したりと、目によい働きを担い、その他、抗酸化作用や免疫賦活作用などもあります。

 

 

 

メグスリノキエキス

 

 

メグスリノキエキスは、日本だけに自生しているカエデ科の落葉樹で、葉や樹皮には、タンニンなどのさまざまな成分が含まれています。

 

タンニンは、ぶどうや柿、緑茶などにも含まれ、殺菌や消臭作用、活性酸素を抑制する抗酸化作用、美肌効果、それに、下痢の緩和や改善、予防効果があるといわれています。

 

 

 

カシスエキス

 

 

欧州からアジアの寒い地域に生息するカシスは、デルフィニジン類というブルーベリーとは違うアントシアニンが多く含まれています。

 

このアントシアニンは、抹消の血液改善効果により、目の周りの血流だけでなく、肩こりや冷え性の効果も期待できます。

 

 

 

ルティン

 

 

ルティンは、ケール、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれ、目の黄斑部に存在し、目の老化を促進する紫外線を吸収したり、活性酸素を除去するなどの目を守る働きをしています。

 

目によい成分として、最近、注目されている成分です。

 

 

 

EPA・DHA

 

 

EPAは、「エイコサペンタ酸」、DHAは、「ドコサヘキサエン酸」の略で、サバやイワシ、サンマ、マグロなどの青魚に豊富に含まれ、健康な生活を維持するのに欠かすことのできない必須脂肪酸です。

 

EPAは、血管を柔らかくして、しなやかにする作用があり、血管の老化を防いで血液をサラサラにする効果があります。

 

一方、DHAは、人の脳や神経組織の成分となり、発育、機能維持に不可欠なものです。

 

厚生労働省は、EPA及びDHAを1日、1.000mgを摂取するように推奨しています。

 

 

 

コエンザイムQ10

 

 

コエンザイムQ10は、強い抗酸化作用を持ち、生命活動の原動力となる補酵素の一つで、若々しい毎日をサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

さっそく、眼精疲労の改善と健康な体の維持のために、

 

北の国から届いたブルーベリー」を始めてみませんか!

 

 

詳しい内容、ご注文は下の公式サイトから、どうぞ

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ